後藤孝規「Woman master Project」の内容は?レビューと検証

Pocket

凄腕恋愛マスター、後藤孝規氏の原点ともいうべき恋愛教材「Woman master Project」の内容って、どのようなものなのでしょうか。レビューが気になる男性も多いのではないでしょうか。今回、私は後藤孝規氏の「Woman master Project」を購入しましたので、実際に内容をレビューしていきたいと思います。

Prologue

01 はじめの挨拶

Woman master Projectは、主にこれまで女性経験をほとんど積んでこなかった男性が、これから女性に不自由しない人生を手に入れる為にやるべき事を教えてくれる教材となっています。はじめに講師の後藤孝規氏が、この教材で女性について学んでいくうえで必ず実践してほしい事を説明しています。後藤氏の明るい声のトーンによって、これまで非モテ男性であったとしても「よし、今日からオレは変わるぞ!」という気持ちになれます。

また、後藤氏はこの教材内で度々、言い間違いなのかわざとか分かりませんが、聞いているこちらが「クスッ」となるような言葉選びをします。内容そのものだけでなく、後藤氏のこのような話し方の雰囲気を知れるのも、とても有益な部分となっている教材です。

LEVEL0

01 女性とはこういう生き物

Woman master ProjectではLEVEL0からLEVEL9まで、恋愛初心者が段階を追って恋愛偏差値を上げていけるようなプログラム構成となっています。ですので、このLEVEL0の章では本当に恋愛の初歩の初歩を、後藤氏が解説してくれています。この章で後藤氏は、『男性と女性では物事の考え方が全く違う』点に言及しています。例えば、以前の私のような、男社会の中で『いじられキャラ』で何とかそれなりに立ちまわっていたとしても、女性に対するアプローチとしてはまず有効ではない、といった事実です。

幼少期から異性に不自由した事のない男性なら自然に身に付けている感覚なのでしょうが、非モテ人生を歩んできた男性にとっては、こういった女性への感覚というのは後天的に身に付けていくしかありません。ここでは後藤氏が、あなたが女性から『一人の男性』として意識されるような考え方、ふるまいをアドバイスしています。

02 絶対的な自信を手に入れる

よく「恋愛に関しては『自信』が必要」という事が言われ、「何も持たない自分であっても自信を持たなければいけない」という主張が往々にしてされています。しかし『何もない自分』に自信を持てる人というのは、中々いないと思います。後藤氏は自信の持ち方についてもっと確実な方法を唱えていて、具体的な『自信を持つ方法』を伝授してくれます。

この方法だと、1年が経過する頃には『ゆるぎない自信』を持つあなたが、そこにいる事でしょう。

詳しくはこちら
↓  ↓  ↓

03 哲学を持つ

『哲学』というものを自分の中にしっかりと持っていないと、生きていくうえで自分の意見が確立されないと、イチロー氏や島田紳助氏、明石家さんま氏を具体例に挙げて後藤氏は語っています。では今現在、『哲学』を持たない男性がどのようにすれば持てるようになるか、その方法が2つ示されています。そして自分の『哲学』を持つ事こそが、前チャプターでその必要性を示された『自信』に繋がっていく、とまとめられています。

04 趣味を持って人生を楽しむ

「女性にモテる為には趣味が必要」というメカニズムに対して、後藤氏が解説します。そしてこの傾向は、男性が年齢を重ねるにつれて顕著になっていくのです。では現在趣味を持たない人が『どんな趣味を持てばよいのか』については何でもよく、それよりもその趣味を自分がやる『姿勢』が大事なんですね。さらに「趣味がない人」がうつ病になりやすい理由についても、後藤氏は述べています。

05 モテるマインド

男として自信を持つために1番必要な『モテるマインド』とは何か?について、この章で後藤氏が解説しています。さらに『失敗』した時に成長する考え方についても言及されています。そして、島田紳助氏や明石家さんま氏が女性に相当モテるであろう事とその理由について、逆に『絶対に女性にモテないマインド』も挙げられています。

また、1人の女性に固執せずに出会いを増やす事の重要性も言われていて、これ(複数の女性を同時に追いかける事)については、私もそれまで持ち合わせていなかった感覚なので新鮮でした。確かにこの感覚の方が男性の本能に忠実で、何より日々楽しいのではないかと思います。

詳しくはこちら
↓  ↓  ↓

LEVEL1

01 ノンバーバルコミュニケーション(ボディランゲージ、アイコンタクト、姿勢)

女性に自分の気持ちや医師を伝えるには、いわゆる『リアクション』を大きくする方が良いです。また、相手の目を見る事も大切ですが、このような『リアクション』や『アイコンタクト』を使用する場合の注意点なども解説されています。そして『姿勢』を正しくすることも重要で、猫背を矯正する方法についても後藤氏は解説しています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*